/ 12月 25, 2019/ 税金・会計

2019年も終わりが近づいてまいりました。

今年のビジネスの状況はどうでしたでしょうか。

個人事業主の場合、確定申告の期間は1月から12月と決まっています。
(ちなみに、法人は自分で決められます。)

ですので、1月から12月までの利益の額に応じて、
来年に納める所得税・住民税が決まります。

今年は利益がたくさん出たな、という場合には
節税して、税金が少なくなる方法はないかと考える方もいるのではないでしょうか。

けれど、その節税は本当にビジネスの今後に役立つのでしょうか。

税金はお金が出ていく、経費をかけてもお金は出ていく

たとえば、
売上300万円 経費150万円
というビジネス状況を考えてみます。

この場合、
利益は300万 ー 150万 = 150万円
です。

特に何もしないと、
所得税は、150万 × 5% = 7.5万円
住民税は、150万 × 10% = 15万円
合計で、7.5万 + 15万 = 22.5万円

となります。
※説明を簡単にするため、所得控除等を考えず色々簡略化して計算しています。

節税対策として、すぐに思いつくのが追加で経費をかけることです。

といっても、プライベートのものなど事業に関係ない領収書などを集めてきてはいけません。それは脱税になります。

例えば取引先を接待する、地域のフリーペーパーに広告を出す、
すぐに経費にできる10万円未満(青色申告なら30万円未満)の資産を購入するなど考えられます。

そこで、たとえば、50万円ほど追加で経費をかけたとします。

利益は 300万 - 150万 - 追加50万 = 100万円
となります。

税金は、
所得税: 100万 × 5% = 5万円
住民税: 100万 × 10% = 10万円
合計で、5万 + 10万 = 15万円

税金は、
節税前→ 22.5万円
節税後→  15万円
となります。

と、税金が7.5万円(22.5万-15万=7.5万円)も安くなった!嬉しい!
と考えてよいのでしょうか。

節税するために追加で経費をかけています。
これは、その分お金が出ていっているということです。

トータルでお金がいくら出ていったかを考えると、

節税前→ 税金22.5万円
節税後→ 税金 15万円 + 追加経費 50万円 = 65万円

となります。
出ていったお金を考えると、節税前の方が少なくすんでいるのです。
(65万 - 22.5万 = 42.5万円も差があります)

つまり、節税前の方が手元にお金は残っているのです。

税金を払うということはお金が出ていくということですが、
経費をかけるということも同じようにお金が出ていくことなのです。

その経費は本当に必要か

さて、先ほど節税前の方が手元にお金は残っている、と書きました。

それなら節税対策など何もしないほうがいいということか、
というとそうとも限りません。

かけた経費の内容が問題になるのです。

例えば、翌年(翌期)に必要なものを前倒しで買う場合は、
今お金を出すか、後でお金を出すかの違いですから、
購入するタイミングによって税金を安くできるのであれば
節税対策として有効です。

逆に、特に必要がないものを買ってしまったり、
経費をかけるためだけに接待をする、といったことをするのは
手元にお金が残らないということになりますから、あまり有効な対策とは思えません。

本当に必要な経費にだけ、お金をかけるということが重要です。

利益を管理できているからこそ判断できることでもある

余談ですが、年末(期末)に、追加で経費をかけようか、とか、
来年買おうと思っているものを少し前倒しで買おうか、
といった判断は、普段から利益を管理しているからこそできるものです。

年末(期末)の段階で、「今年は利益がでたのかわからない」という状態では、
そういったことを考えることもできません。
当然、有効な節税対策もできなくなってしまいます。

ビジネスに必要な判断をいいタイミングでしていくためにも、
普段からしっかり経理を行うことが大切になります。

税金を払うことは、社会貢献。うまくつきあっていきたい

税金、と聞くとあまり払いたくない、と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。
ですが、税金は交通、防犯などなど、生活の色々なことに使われていて、
みんなが色々な形で恩恵を受けています。

また、税金を払うということは、社会のみんなのためにお金を使うということでもあり、
それは身近な社会貢献でもあると思います。

税金払うのが嬉しい、とまではいかなくても、
(私もそんな境地には至れません…)
社会の一員として、払うべき金額は納得して納められるといいなと思います。

編集後記

日曜日にクリスマスパーティをしたので、私は一足先にクリスマスを終えてしまった気分でした。

ですが、クリスマスは今日ですね。
長男は早起きしてサンタさんからのプレゼントをチェック!
保育園に行く前にしっかり遊んでいきました。




★この記事は、投稿時の法律、著者の心境に基づいて書かれております。

★ライン@で税金・経理の情報、セミナー情報を配信しています。
ご登録はこちらから

★藤田泰奈 税理士事務所

・富山市の30代女性税理士。
・5歳2歳の兄弟子育て中。3人目妊娠中。
・ITに強い税理士
・お客様の話をよく聞き、ひとつひとつの事柄に丁寧に対応いたします。

★具体的な相談等は、下記のサービスメニューからお申し込みください。

スポンサーリンク