/ 10月 23, 2018/ ライフスタイル

保育園帰りに、公園で遊んだ日のこと

先日、保育園帰りに長男が外で遊びたがったので、近所の公園へ行きました。

公園では、幼稚園年中~小学生の低学年の子ども6人くらいのグループが遊んでいました。

長男も一緒に遊びたかったようなのですが、
なにせこちらは3歳。学年でいうと未満児クラスです。

さすがに年齢差があり、一緒に遊べる感じではなかったので、
子どもたちが遊んでいる周りをうろちょろする長男、という遊び方になっていました。

子どもたちは心得たもので、邪険にするわけでもなく、かといって完全に無視するわけでもなく、
上手に相手をして(あしらって?)くれていました。

 

小学生の遊びの中での会話に気づかされた

この小学生の子どもたち、鬼ごっこをしていたのですが、
途中で違う遊びをしようかという話になっていました。

会話を聞くと、こおりおに、ふえおに、と話していたので、違うタイプの鬼ごっこに切り替えようという話だったようです。

この時の会話に驚きました。

子どものうちの一人が、

「私は〇〇がいいと思います!なぜなら〇〇〇だからです!」

というと、別の子も、

「私は〇〇がいいと思います!なぜなら〇〇〇だからです!」

と同じような 結論 → 理由 の形で主張を述べていました。

もちろん、こういう話し方を、小学校で習ったのでしょう。
それを遊びの中ですぐに実践して使える柔軟性はすばらしいです。

ここから理由の内容を検証したり、意見をまとめたり…とはなりませんでしたし、
遊びの内容は上記の主張関係なく、その後も流動的にどんどん変化していきました。

とくに遊びの内容を決めたわけでもないので、この場合だと、ただのまねっこ、に過ぎないかもしれません。
けれど、新しいことは、最初はたいてい何かのマネです。

マネでもなんでも、アウトプットにつなげて、
自分で使いこなせるようになって、
そこから工夫をしていくものだと思います。

私も、ひとり税理士の諸先輩方のウェブサイトを見て、ブログを読んで、
その活動をマネしながらウェブサイトを作り、ブログを書いています。
(そこから工夫、は今後の目標です!)

まずは、つたなくても、素直にマネをすることで、物事は身についていくものだと思います。

あまり深く考えず、とにかくアウトプットにつなげることって大事だよな、
と気づかされました。

 

振り返って、最近の自分

自分は読書やセミナーから学んだことを、何らかの形でアウトプットにつなげられているだろうか。

せめて、アウトプットにするよう工夫・努力できているだろうか。

ブログ平日毎日更新!を目標にしていますが、更新頻度がすっかり落ち込んでいる
最近の自分も、反省するところです…。




★この記事は、投稿時の法律、著者の心境に基づいて書かれております。

★ライン@で税金・経理の情報、セミナー情報を配信しています。
ご登録はこちらから

★藤田泰奈 税理士事務所

・富山市の30代女性税理士
・5歳2歳0歳の3人育児中
・ITに強い税理士
・お客様の話をよく聞き、ひとつひとつの事柄に丁寧に対応いたします

★具体的な相談等は、下記のサービスメニューからお申し込みください。

スポンサーリンク