/ 1月 7, 2019/ 独立開業

(株)中央経済社が発刊している雑誌、「会計人コース」内のコラム「私の独立開業日誌」に弊事務所が掲載されました。

「会計人コース」とは、簿記1級や税理士試験等の独学での合格を目指す受験生の勉強のお供というべき雑誌(月刊誌)です。
主要科目のトレーニング問題や、勉強法などが掲載されています。
「私の独立開業日誌」は受験生のモチベーションアップにつながるようなコラム、という位置づけです。
筆者の独立開業に至った経緯や想いなどが掲載されています。

もしご興味ありましたら読んでいただけますと幸いです!

大きな書店であれば置いてあるかと思いますが、なければ通販もあります。

会計人コースのサイト >> こちら

記事執筆のご依頼をいただいたのは10月半ば頃です。
編集者の方がこのブログを読んでくださり、ウェブサイトからご連絡いただきました。

ご依頼を受けたときの状況

この頃は、ウェブサイトも一通り作り終わって、でも(当然ながら)仕事の依頼が殺到するわけでもなく、
赤ちゃんはまだ4か月なので外で営業などの活動するどころか、税理士会の新規会員研修(車で高速使って1時間かかる場所での一日がかりの研修です。)すら見送る状況でした。

つまり、ほとんど仕事をしていない状態。
(まぁ現在も年末からのこの業界の繁忙期にも巻き込まれず、ゆったりしておりますが…)

諸先輩方のブログを読み漁ったところによると、
ブログやウェブサイトの効果が出てきたのは半年たってから、とのことだったので、
まだまだ自分のサイトやブログに反応はないだろうと思っていました。

そんな中でしたので、ご連絡いただいたときはとても嬉しく、
運動神経が悪い私でも一回転してみたくらいでした。(もちろん宙返りではありません)

が、同時に不安もありました。

そのころ、独立して2か月。
しかも赤ちゃん育てながらの独立なので、ウェブサイトを作って、ブログを更新するというのが主な仕事でした。

そんな私が独立開業日誌など書けるのだろうか。
書くことなどあるのだろうか…
と思いました。

けれど、書く仕事、はやってみたかった仕事のひとつでもあります。

派手なストーリーはないけれど、独立をしようと決めた経緯なら自分にもある。
会計人コースは受験生が読む雑誌だし、受験の経験なら書くことは色々ある!
(社会人でフルタイム勤務と受験・専業主婦と受験・0歳家庭で育てながら受験・ワーキングマザーで受験…結局、受験時代の話はそれほど詳しく書いておりませんが…)
もし書いてみてダメなようならそれは編集部で判断していただこう!
書いた経験は無駄にならないハズ!

と前向きに考え、(自分の現在の状況もお伝えしつつ)ぜひ書かせてくださいとお願いしました。

なんとか無事に(?)掲載いただいて、感謝しております。

コラム内に書いた、「とある女性税理士のブログ」

なお、コラム内に記載しました、独立のきっかけとなった「とある女性税理士のブログ」ですが、
戸村涼子さんという方のブログです。
横浜でひとり税理士としてご活躍されていらっしゃる方です。

税理士試験の合格発表か、経理での実務経験(税理士登録には、試験合格のほか、実務経験が必要です)について
検索をしていてたどりついたのだったと思います。

面識もないのに勝手にお名前を出してよいものだろうかと思い、記事の中では特にお名前は出しませんでした。
このブログでしたら不都合あってご指摘受けたらすぐ修正できますが、雑誌だとそうもいきませんし。

戸村さんのブログは今でも毎日のように読ませていただいておりますし、
影響を受けております。
もう少し時間に余裕ができたらぜひセミナーにも参加してお会いしたいとひそかに思っています。
(遠方かつ子どもが小さいので今はなかなか難しいのです…)

戸村さんのブログ >> こちら

 

少しずつでもブログを更新し続けることは大事だと、実感

この「私の独立開業日誌」の記事のご依頼は、ブログを読んでご依頼くださったということなので、
やはりウェブサイトを用意し、ブログの記事を(少しずつでも!)書くことは大事なのだなと思いました。

独立して大成功しているというわけでもなく、
ドラマのような特別な独立ストーリーがあるというわけでもありませんが、

等身大の「私の独立開業日誌」を書きました。

まだ独立していない方の、何かの参考にでもなればいいなと思います。

 

 


★この記事は、投稿時の法律、著者の心境に基づいて書かれております。

★具体的な相談等は、下記のサービスメニューからお申し込みください。

  • 具体的に聞きたいことがある場合 → 税務相談
  • 継続的に税務・会計の相談にのってほしい → 税務顧問

スポンサーリンク